Scud Robot Laboratory
link
「相手の思考を楽観的に期待している状況…、これを、甘えている、というんだ。
いいかい、気持ちなんて伝わらない,伝えたいものは、言葉で言いなさい、
それがどんなに難しくてもそれ以外に方法はない」
森博嗣『詩的私的ジャック』 (via hazy-moon) (via hanemimi) (via tsupo)
2008-06-12 (via gkojay) (via eternityscape) (via bo-rude) (via nemoi) (via usaginobike) (via nemoi) (via hustler4life) (via minimumnarration) (via onehalf) (via yellowblog) (via motomocomo) (via ukar) (via atm09td) (via kikaikokoro) (via matsu9ya) (via miki7500) (via jyamil) (via 908908) (via yoruaruk) (via daisydiary2) (via jacony) (via nemoi) (via hustler4life) (via kojiroby) (via usaginobike) (via nemoi) (via suzukichiyo) (via mori-shi) (via mrngiii) (via haruna26) (via protenorageha) (via skamio) (via kiri2) (via ametsuchi) (via choccoto) (via asaaaaa7) (via nikukyu03) (via sea-soda) (via itokz) (via puppy111) (via it-shine-reading) (via interglacial) (via haru012) (via do-nothing) (via pepepepe) (via soramugi) (via tuttun) (via nekogatasocket)
link
link

本来ならば、たとえば科学が好きで、得意な子どもは、高校の数学などとっとと終わらせて、その先にどんどん進んでいけば良い。アメリカのSATのような問題だったら、特に何の準備もしなくても、解答することができるだろう。

ところが、上に挙げた東京大学の入試のように、高校までのカリキュラムに出題範囲を限定した上で、その中で人工的な難しさを追求した出題をしていると、大学入試が終わるまでは、高校生はそのカリキュラムの範囲に足踏みすることになる。

本当は、さっさと量子力学や統計力学、線型代数か解析幾何の進んだ内容を修得すれば良いのに、18歳の段階では、いつまで経っても高校のカリキュラムの範囲であれこれと勉強をしなければならないことになる。

ここに、行きすぎた標準化の弊害を見ることができる。

アメリカの大学入試で課されるpaper testが、SATレベルのものに限られているのは、すべての受験者に共通して求める学力はその程度に抑制して、それ以上にどのような方向に「突出」するかは、各学生にゆだねる、一つの「叡智」だと言っても良い。

学問というものは、ある程度の段階を超えると、標準化をすることが難しくなる。どの方向に伸びていくかは、分野によっても人によっても異なるからだ。

link

あなたの正直さと誠実さとがあなたを傷つけるでしょう
気にすることなく正直で誠実であり続けなさい。

by マザー・テレサ

まなめはうす (via rock-the-baby)
2011-06-08 (via gkojax-text)
link
clione:

この「研究」と「勉強」の違いという話は、実は、僕がまだ学部生だったころ、竹中平蔵先生が研究会でよく語っていた話だ。この話は、「研究」と「勉強」の違いを非常にクリアに言い表していると思う。そんなわけで、僕は毎年、この話を面接のときに繰り返し話す。 (via IBALOG - Concept Walk 日本語版 | 「研究」と「勉強」の違い)

clione:

この「研究」と「勉強」の違いという話は、実は、僕がまだ学部生だったころ、竹中平蔵先生が研究会でよく語っていた話だ。この話は、「研究」と「勉強」の違いを非常にクリアに言い表していると思う。そんなわけで、僕は毎年、この話を面接のときに繰り返し話す。 (via IBALOG - Concept Walk 日本語版 | 「研究」と「勉強」の違い)

link
2dicon:

HospitalRecordsパーカーを着たほのかちゃん on Twitpic
link
僕は何度も声を大にして言うけど、「ゲリラ豪雨」とかいうクソみたいなナンセンスな単語のせいで「夕立」という超スーパーウルトラハイパー美しい日本語が死にかけていることが許せない
Twitter / kochomu (via currychef)

(Source: mmclip)

link
link

(Source: inyoes)

link
夜は全てのものが意味ありげに見えるから困る。